ETCカードは原則として本人だけが使えるものです。しかし、家族間で共有している人たちも珍しくありません。お互いに被らなければいいのですが、タイミングが悪いと使用時期が被ってしまうこともあります。

その場合はどちらかがETCなしで行かなければいけないので、ちょっと損をしてしまいますよね。そんな時にオススメしたいのが、ETCカードの家族カードです。

ETCカードの家族カード

クレジットカードは限度額を共有することで、家族分のカードも申請することが出来ます。限度額が増えるわけではないのですが、別々の場所で使えるのはとても便利ですよね。

クレジットカードを申し込んだ時に、家族カードをどうするか聞かれると思います。その時に、ETCカードも申し込んでいて、家族カードも申し込むことによって家族分のETCカードも届きます。ETCカード自体が複数枚あるわけなので、別の車で出掛ける時にカードの差し替えをする手間も省けます。

ちなみに、家族カードであればブラックリストに載っている人もETCカードを所持出来るのです。これは家族のクレジットカードで家族カードを作ればいいだけなのです。ブラックリストに載っていてETCカードを所持出来ない人は、家族カードを作れるようお願いしてみましょう。

クレジットカード・ETCカードを作るの際はクレヒスが重要

ブラックリストだけではなく、クレジットヒストリーがない人、つまりホワイト状態の人もごく稀に落ちてしまう場合があるようです。その理由として、自己破産などでホワイト状態になっているのではないかと疑われてしまうからです。そういった人たちも家族カードを積極的に活用していきましょう。

家族カードと言っても、本会員同様に特典やサービスを受けられます。クレジットカードに付帯されている旅行時の傷害保険などのサービスも受けられます。ETCカードの家族カードと言っても、メリットばかりではありません。口座引き落としは、全員分が一気にやってきます。

そのため、家族カードを3枚、4枚と持っていると利用料金の目安がつきにくいものがあります。そのため、予想以上の利用金額に驚く場合もあるでしょう。他にも、家族カードの所持者はクレジットヒストリーを蓄積されません。

クレジットヒストリーは住宅ローンや自動車ローンなどを組む時に有利になります。それらが蓄積されないものデメリットのひとつになるかもしれませんね。

しかし、クレジットヒストリーなどを気にしなければ家族カードはとても重宝するものです。特にクレジットカードが作れない未成年にとっては、ETCカードを持てる少ない方法のひとつでもあるんです。ETCカードはカード会社によってメリットに差があります。

ETCカードは複数枚もっておくと便利!

1枚のETCカードを使いまわすのもいいかもしれませんが、車が複数ある場合は家族カードを検討しましょう。高速道路に乗った後で、ETCカードが手元にないことに気づくととても残念な気持ちになります。取りに戻るわけにもいかないので、うっかりを防ぐためにも家族カードは有効かもしれません。

ただ、車が1台のみの場合は家族カードでETCカードを作るメリットはほとんどありません。ETCカードは、高速道路を利用する人にとっては1枚は持っておきたいものです。家族カードを作るかどうかは、家族の使用頻度によって決めましょう。

中にはクレジットカードは年会費無料でも、ETCカードは年会費が必要な場合もあるので覚えておいてください。年会費無料ETCカードを求めるなら下記のサイトを見ると早いのでおすすめです。

おすすめサイト!年会費無料ETCカード

カード会社はなかなかデメリットになることは言わないので、自分で把握しておくことが大切です。お得そうだからと言って、使う予定もないのに何枚も作ってしまうと紛失の原因になります。

ビジネスマンなどはETCカードを使う機会が多いようですね。出張などもあるため、比較的ポイントなども貯まりやすいようです。色々なカード会社のカードを比較して、自分と、そして家族にぴったりのものを選びましょう。